GEOPARK

Geopark

南から来た火山の贈りもの...

本州で唯一、フィリピン海プレートの上にのっている伊豆半島は、かつては南洋にあった火山島や海底火山の集まりで、プレートの北上に伴い火山活動を繰り返しながら本州に衝突し誕生しました。


伊豆半島の歴史は、約2000万年前にさかのぼります。当時の伊豆は本州からはるか南の彼方数百km先の太平洋の海底に沈む火山群でした。

フィリピン海プレートの上にできた海底火山や火山島はプレートとともに北に移動し、やがて本州に衝突して現在のような半島の形になりました。約60 万年前のできごとです。

Plate izu

半島となってから約20万年前までは、陸上のあちらこちらで噴火が起き、天城山や達磨山といった現在の伊豆の骨格を形づくる大型の火山ができました。

これらの大型火山の活動が終わると、日本には数少ない単成火山群の活動がはじまり、現在は「伊豆東部火山群」として活火山のひとつとなっています。また、プレートの動きは現在も伊豆の大地を本州に押し込み続けていて、地殻変動によりさまざまな地形を作っています。

こうした二重三重の地質学的特異性が、多くの美しい景観や温泉を有する伊豆半島を形成しています。伊豆半島は、世界のどこを探しても同種の例を見ない、地球上の特異点とも言える場所となっているのです。 (伊豆半島ジオパークより引用)

Izu history 1
Izu history 2
Izu history 3
Izu history 4
Izu history 5
Izu history 6
Izu history 7